var nend_params = {"media":37612,"site":201479,"spot":568416,"type":1,"oriented":1}. amazon_ad_tag = "aco52l-22"; amazon_ad_width = "300"; amazon_ad_height = "250";//-->. 今回は2019年度の日本プロ野球選手の年俸ランキングをご紹介します! 最近は、元広島の丸選手や元西武の中島選手が高額年俸で巨人に移籍するなど日本プロ野球(npb)界を賑わせました。 毎年、様々な選手 … 近年(2016,2017年)広島カープの躍進が目覚ましく下剋上が発生しております。, 広島東洋カープ関連↓広島カープのアンパンマンこと松山竜平がキクマルに愛される理由とは, その表華やかな舞台を数多くの人が支えていることは言うまでもありませんが、具体的にどのような仕事があるのか?, そこで、裏方として日々選手達を支えるブルペンキャッチャーに焦点を当ててみたいと思います。, 文字通り、ブルペン専任のキャッチャーのことでありますが、打撃練習時の捕手をする場合もあります。, 業界内ではボールを受ける仕事の連想から『壁』と言われています。 試合中に控え選手の投球練習(ウォーミングアップ)が映ることがありますが、あの時のキャッチャーがそうです。, キャッチング専門にしていることから、当然キャッチング技術に長けており捕球時に『パンッ!』とよく響いたいい音を出すこともピッチャーの気持ちを乗せていく上で非常に重要と言えると思います。, それが広島東洋カープに所属していたルイス・フランシスという人物です。 日本語を理解できていたためファンがついていたとか。, また、ドミニカ共和国出身でスペイン語と日本語をつなぐ通訳ができたため重宝されたらしく、その後中日ドラゴンズが通訳兼任で獲得をしており、現在国際渉外担当も務めているというマルチな方です。, 実際のところ、現役引退後の選手の働き口となっているようですので、特に募集等はなく一般からなれる可能性は低いのではないでしょうか。, これって何なのか調べたところ、ロックバンド(日本の歌手)のマキシマムザホルモンの最初のシングル曲らしいです!, ブルペンキャッチャーがいかなるものかおおよそ理解できたところで、気になるのはその給料ではないでしょうか。, 12球団中の選手の年俸上位である巨人と下位である広島カープを比較しようと思いましたが、具体的に公表されている情報はありませんでした。, 近鉄バッファローズの冬季キャンプでアルバイトした経験があるのですが、その際の待遇から推測してみます。, 巨人との日給の差が当時(20年ほど前)で倍程の開きがありさらに巨人は昼食支給、バッファローズは持参でした。, また、アルバイトを雇う人数も巨人はバッファローズの数倍とその待遇の格差で球団資金の差を実感しました。, 数値で言いたいのですが不確定情報のため前談をもとに皆さんそれぞれでご想像してみてください。, 因みに別サイトでちらほらある数値の根拠は分かりませんが、一般水準の生活を送るために必要な額が提示されておりますのでその程度と推定することもある意味妥当かと思ったりもします。, 表に出ない選手の給料からしても必要とされている存在を考えればその程度もらっていてもおかしくないという推測です。, 大変な仕事ですが、試合に臨む選手のモチベーションを左右する仕事ですから、上手に乗せて完璧に抑えてもらえればその一端を担ったことになりますから、やりがいあるでしょうね~。, -スポーツ, ブログ, 野球 出典:キャッチャーは野球の9つのポジションの中で、最も経験を要求される難しいポジション。それゆえに、若いキャッチャーを育てることは難しく、時間もかかると言われています。今の日本プロ野球ではキャッチャー不足も叫ばれる中、今の球界でNo.1キャ キャッチャーは野球の9つのポジションの中で、最も経験を要求される難しいポジション。, 今の日本プロ野球ではキャッチャー不足も叫ばれる中、今の球界でNo.1キャッチャーは誰か、考えてみました。, 中でも代表的な選手は、古くは野村克也さん、近年では古田敦也さん、城島健司選手、現役では阿部慎之助選手。, 彼らはいずれも打線ではチームの主軸を打ち、しかもいわゆる「扇の要」を守り、守備力、リード力も高い選手でした。, こういった守備面、打撃面で卓越しているキャッチャーがいるチームはやはり強いのですね。, 主にキャッチャーは打順8番を打つケースが多く打率も高くないというイメージが強いでしょう。, 打てるキャッチャーはいるのですが、打力の高さがチームにとっては大きな戦力とみなされ、外野などにコンバートされてしまうケースが非常に多いのです。, 昨年引退した元中日の和田一浩さんや、北海道日本ハムや巨人などで活躍し、現在は中日の2軍監督を務める小笠原道大さんは、捕手での入団をしています。, しかし、キャッチャーとしての能力を高める前に、打撃に専念させて、チームの主軸にしたいという思いが、当時の首脳陣にはあったのでしょう。, 「打てるキャッチャー」はキャッチャーとして大成する前に、どうしても打力が優先され、コンバートされてしまう…, スタメンキャッチャーがH28年7月29日の現時点試合数、7割以上出場しているのは、, その反面、ここに挙がらなかった球団は、なかなか正捕手を定めることができていなかったり、ベテラン捕手の力に頼ったりという傾向が見受けられます。, 正捕手の中で、打力でもアピールしているのが千葉ロッテ・田村選手と阪神・原口選手でしょう。, しかし、原口選手は打力は申し分ないものの、守備ではフライを落球したり、内野のコンビネーションが取れないときがあったりと、キャッチャーとしての課題は山積しています。, 一方でリード面で定評がある東京ヤクルト・中村選手や埼玉西武・炭谷選手は、低打率となっています。, ベテランには味のあるリードが魅力の選手はいるものの、若手となれば人材不足は顕著でしょう。, 打撃では千葉ロッテ・田村選手や阪神・原口選手が今や球界屈指の攻撃的キャッチャーであり、守備では東京ヤクルト・中村選手や東北楽天・嶋基宏選手、また埼玉西武・炭谷選手が優秀なキャッチャーでしょう。, ただ総合力となれば、バランスの良いキャッチャーは現時点では不在といっても過言ではありません。, それゆえ侍ジャパンのメンバーに選ぶとしても、過去の出場選手に比べると見劣りする面も多分にあります。, ただ、プロ公式戦で実戦経験を積めている若手捕手は、一層成長する可能性は十分にあります。, キャッチャーそのものが育成にはかなりの時間を要するポジションであり、一朝一夕には育たないためです。, などなど色々と調べてみましたが結局、誰もが認める【球界No1捕手】といえる選手は、現時点ではいないようです。, 今季まで1軍で正捕手を担っている東京ヤクルト・中村選手と千葉ロッテ・田村選手は、今後、総合力を高められる可能性を秘めています。.

6月19日開幕に向けて動き出した日本のプロ野球。ようやくひと山越えたが、今後、越えねばならない山が「労使交渉」だ。米国のmlbは、既に球団と選手会が火花を散らしている。「mlbは高年俸の選手ほど …